長野ガーフU-9は、7月28日に千曲市の千曲川緑地公園で開催された「2018 屋代summerフェスティバル低学年大会 U-9の部」に参加しました。

今回の大会は7人制で行われましたが、夏休み中という事もあって3年生が6人しか集まらず、2年生の2名、1年生の1名が加わり、大会に参加しました。

大会は全8チームが参加し、A・Bの2グループによる予選グループリーグと決勝トーナメントで行われました。

長野ガーフは、予選グループリーグを3勝し、Aグループ1位で決勝トーナメントに出場しました。

予選グループを2位以内で通過した4チームで行われた決勝トーナメントでは、準決勝・決勝ともに勝利し、優勝することができました。

台風が接近し、試合の途中で小雨も降る天候でしたが、長野ガーフの選手はそれぞれのポジションで日頃の練習の成果を精一杯発揮することが出来ました。

協会杯が準優勝に終わった悔しさをバネに、練習に取り組んでいるで成果が発揮出来ました。

U-9チームにとって、「初」タイトルです。

また、U-9の試合に参加した2年生と1年生にとっては、上級生のレベルを肌で感じることができ、非常に良い経験になったのではないでしょうか。

9月には長野ガーフが主催する「元気カップ」があります。

明日からも目標に向かって各々頑張っていこう。

 

予選リーグ

長野ガーフ 2-1 戸上

長野ガーフ 4-0 ベイエリア

長野ガーフ 6-2 開智

 

決勝トーナメント

準決勝 長野ガーフ 3-2 屋代

決勝  長野ガーフ 4-2 戸上

優勝  長野ガーフ