長野ガーフU-9は、7月21日に犀川グランドで行われた、「長野市協会杯」に参加しました。

当日は長野市内の18チームが集まり、優勝目指して頑張りました。

30℃を大幅に上回る猛暑の影響から、試合時間が大幅に短縮され、試合時間は「10分1本(途中給水休憩あり)」、予選についても2試合の得失点差へと変更となりました。

長野ガーフU-9は予選2試合の得失点差が+9点、全体の2位となり決勝へ進出しました。

決勝では0-4で惜しくも負けてしましましたが、準優勝となりました。

決勝で敗れた悔しさもありましたが、準優勝のカップを手渡された選手たちは大喜びでした。

自分たちチームの「強み」と「課題」が分かった、とても有意義な大会となりました。

予選

長野ガーフ 5-0 芹田

長野ガーフ 4-0 裾花

決勝

長野ガーフ 0-4 ノザワナ

準優勝