長野ガーフU-9は、9月8日、9月9日に菅平高原で開催された 長野FCガーフ主催「第16回 元気カップU-9サッカー大会」に参加しました。

大会は、昨年同様に長野県内外から32チームのサッカークラブが集まり、8グループによる予選グループリーグと決勝トーナメントで行われました。

当クラブ主催の大会という事もあって、長野ガーフは3年生による「イエロー」(U-9)と1・2年生の「ブルー」(U-8)の2チームが出場しました。

「イエロー」は、同じ予選グループになった他の3チームは、いずれも初対戦となる相手でしたが、チーム自慢の得点力を発揮することができ、3勝0敗のグループ1位で決勝トーナメントに進出しました。

予選グループを2位以内で通過した16チームで行われた決勝トーナメントでは、1回戦・2回戦ともに勝利し、準決勝に進みました。

準決勝では前回優勝チームの「松本エスティーロ」と対戦しました。試合は一進一退の好ゲームとなり、最後はPKで勝利し、決勝に進出しました。

決勝戦は同じ長野市のライバルチームである「NOZAWANA FC」と戦いました。

試合開始直後、相手チームの素早い攻撃に対応が遅れ試合の主導権を握られ、後半は素早いカウンターからの攻撃が決まるようになりましたが、前半の失点を取り返すことが出来ませんでした。

試合は2-4で惜しくも負けてしまいましたが、「長野ガーフ イエロー」は見事準優勝に輝きました。

U-8で初出場した前回大会は、U-9のレベルの高さに歯が立ちませんでしたが、当大会での勝利を目指して1年間厳しい練習に取り組んできた結果、準優勝となることが出来ました。

憧れの決勝戦の舞台に立つことの出来た選手たちは、普段より1回りも2周りも大きく見えました。選手それぞれの努力はもちろんですが、各自の強みを最大限活かすことに注力していただいているコーチ陣の指導があってのことと思います。

試合を重ねるたびにメンバーの結束が深まり強いチームになっています。

今後の活躍が非常に楽しみです。

結果

予選リーグ

長野ガーフ 4-0 小布施FC

長野ガーフ 8-0 松本松島

長野ガーフ 8-0 呉羽フォーラス

決勝リーグ

長野ガーフ 5-0 アルフット安曇野

長野ガーフ 2-0 裾花FC

準決勝

長野ガーフ 1-1 松本エスティーロ

    PK 6-5

決勝

長野ガーフ 2-4 NOZAWANA FC

準優勝