手・腕でボールを扱う反則。偶然手に触れた場合など、故意でなければ反則とならない。略して「ハンド」と言うことが多いが、手(hand)ではなく、手・腕で「扱う」(handle)反則。手・腕でボールを扱えるのは自陣のペナルティエリアのゴールキーパーだけである。

Posted in: