上体を倒した状態で体を投げ出し片脚を伸ばしてタックルすること。相手がシュート、センターリングをしようとしている間際やドリブルしている時に、スライディングしてボールを蹴り出したり、奪う。切羽詰まった状態で行うタックルであり、見掛けの格好はよいが、しっかりとパスやドリブルのコースを消す方が大切である。
体を投げ出すので地面への手・腕のつき方に注意しないと、骨折・捻挫の危険性がある。また腰の外側を地面に擦ることが多いので、擦り傷や打撲に気をつける必要がある。 

Posted in: