主審が試合中に「警告」を示すための黄色いカード。
危険なプレーや反スポーツ的行為をしたと判断される以下の反則に対して使われる。
このような反則をしたプレーヤーに対し、主審はイエローカードを提示し、警告を与える。
警告2回(イエローカード2枚)でレッドカードが使われ「退場」になる。 

警告となる反則 

  1. 反スポーツ的な行為をした時
  2. 言葉または行動によって審判の下した決定に異議を示した時
  3. 繰り返し反則を犯した時
  4. プレーの再開を遅らせた時
  5. フリーキックなどで決められた距離を離れない時 

 

 

Posted in: