ディフェンダー(DF)からフォワード(FW)までの距離を約30メートル前後に保ちながら試合を進める戦術。
攻撃時にはミッドフィルダー(MF)やDFもフォローに入り、守備の時にはボールを持った相手に付近の3人ですばやく囲む。これにより攻撃に厚みを増し、守備の時にも相手がパスを出しにくくなるが、通常よりも体力を消耗しやすく、DFとゴールキーパー(GK)の間に大きなスペースがあいてしまう場合がある。 

Posted in: