2017年度 長野FCガーフJr(低学年)恒例 夏期合宿 in 小川村 星と緑のロマン館 

今年の夏はほぼ毎日のように夕立が続いたため天気が心配でした。早朝から犀川グランドは瞬間的な豪雨に見舞われどうしようかと思いましたがどうしようもないと思っていたら雨が止みました。よかったー。

とりあえずバスに乗って小川村に出発です。さすがは標高1000mの星と緑のロマン館は、多少肌寒くもあり霧も少し出ていましたが、過ごしやすいトレーニング日和となりました。

小学校低学年が2日間もの間、親元を離れてサッカー漬けになるのはとても良い経験です。挨拶、集合、荷物の整理、練習道具の準備や片付け、飲料水の手配など、もしかしたら普段は大人が気をきかせて先回りしてやってくれている家庭も多かったのではないでしょうか。
今回のコーチは厳しいです。選手が準備や集合に遅れても自ら気が付くまで放っておいたり、話を聞かない選手がいても関係なくメニューを進めてしまったり。そうするとたいてい選手は練習メニューが満足に出来なかったり、知ることができるチャンスを逃すという、決定的な「ソン」をしています。そういう「ソン」をしている選手を救いません。夕飯のオカズのお皿が足りないことに気が付かなかった選手もいたね。また、周囲の選手の失敗や体験を見て、まわりの選手も気が付いたようです。注意をしたりアドバイスをしてあげたり。まさしく「人のふり見て我がふり直す。」と「チームワーク」が出来てきたようです。

途中とちゅうに息抜きの時間も設けられ、公園での遊具の遊び、綱引き引っ張りゲーム、花火、コーチの怖い話、クイズなどで、サッカーをやりながらもリフレッシュできたのではないでしょうか。

さぁ、いよいよ来月は当クラブが主催の元気カップがあります。合宿の成果を試合でも活かすようにがんばろう!

合宿の様子のギャラリー