このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

自宅トレーニングその1 トータップ

トータップとは、インサイドを使って単純なリズムでボールタッチする動きのことを指します。トー(英語でToe)とは、”つま先”という。タップ(Tap)は、リズムよくテンポを刻みながらボールをタッチすること。つまり、つま先立ちで走るようにステップを踏みながら両足のインサイドの間で、リズムよく左右交互に軽くボールをタッチすることが、「トータップ」です。ひとつひとつの練習にリズムがあるので、例えば自分で「1、2」とリズムを刻みながらおこなえば、上達の道は近いはずです。

詳しくはこちら

自宅トレーニングその2 スライド

スライドとは、足の裏でボールを外側にすべらせ、そして同じ足のインサイドでボールをタッチする動きを指します。すべらせることを、英語でスライド(slide)と言います。右足と左足を交互に使って同じ動きを繰り返します。単純な動きなので、低学年でもすぐうまくなるでしょう。ボールをタッチする動きも大切ですが、軸足はもっと重要です。ボールの移動に合わせて、ひざを曲げたり、伸ばしたり柔軟に使いましょう。そうすると体のバランスが保たれ、ボールタッチにリズムが生まれます。

詳しくはこちら

自宅トレーニングその3 プルプッシュ

プルプッシュとは、足の裏でボールを引き、インステップやインサイド、またはアウトサイドで押し出す動きのことを指します。少し複雑な動きですが、1.ボールを引き、2.前に出し、3.反対の足でボールを止めるというように、1、2、3のリズムを声に出してトレーニングをするとよいです。
 その中でも、2.ボールを前に出す、という時に、正確な強さでタッチできるようになれば、自ずとキックの技術も上達します。試合中にはわずかなパスコースのズレがミスにつながってしまうので、正確におこなうことを意識しましょう。

詳しくはこちら

自宅トレーニングその4 カットドリブル

カットドリブルとは、体の前を横切らせるようにインサイトとアウトサイドで交互にすばやくボールタッチしながら進むことを指します。ボールが体の前を横切るようにタッチし、ボールをジグザグに運べていれば正しい動きといえます。このとき、ボールといっしょに少しづつ前に進みます。初めて練習するとボールの後ろ側をタッチしてしまいがちで、ボールは前方にばかり進んでしまいます。ドリブルにスピードが出すぎてしまった場合は失敗です。その時はボールの横側をタッチするように心がけましょう。

詳しくはこちら

自宅トレーニングその5 ボールウォーク

ボールウォークとは、ボールを足の裏で引っかくようにして、反対の足の方へタッチする動きのことを指します。1.ボールを引っかくように反対の足の方へ動かす、2.反対の足の裏へ動かす、これを「1、2」と数えながらリズミカルに行いましょう。ボールをタッチした後、ひざを軽く上に突き上げると、両足のステップがスムーズに進みます。ボールウォークがうまくできるようになると、Uターンという1対1の方向転換の動きが上達します。すると相手のプレッシャーをうまく避けてドリブルで突破できるようになります。

詳しくはこちら