U-15 北信2部リーグ 第2節(2017.4.22)

2017年月4月22日(土)中野市多目的サッカー場

高社山から北風が吹き降ろす、ドライピッチでの試合

グラウンドコンディションドライ(人工芝) 微風

昭和FC戦 40-10-40min
長野FCガーフJY 4

1-2
3-0

2 昭和FC

マッチコメント

「一気呵成」

リーグ開幕2戦目。ポゼッションは相手チームが少し上回るが、両チームともウィンドプレスの影響を受けながらの試合展開。自陣、後半はテイルウィンドに若干支えながらの試合となり、一気に3点をもぎ取り勝利となった。ボディーコンタクトは前回より少し強く、軽度ではあるが負傷者(相手チーム1名頭部負傷による戦線離脱により一時、数的有利な状況もあった)が散見された。アップの際の膝下ケア要。相手チームはピッチの幅をうまく使い、サイドからの立ち上がりと、足元にボールがデリバリーされた際の処理(リバース)が早く、自陣の中盤以下もこのプレイに前半はかなり翻弄された。中盤が厚い布陣を敷いているので、ラインごとのパスコントロール(具体的にはグラウンダーとアッパーボールの使い分け)をすれば、さらに得点への足掛かりを作れたと思う。自陣については両サイドディフェンダーの中盤越えのオーバーラップ起点のアシストが多く見られた(初戦の得点もココが起点)。ボールにどう関わるか、どうチームに貢献するか(具体的には、同ポジションの連携によるフォロー、他ポジションのオーバーセッションから生まれるスペースを消す動き)を考えてゲームに取り組むことが課題。セットプレーについては、ファーとニアの連携を思考(呼応によるコミュニケーション)プレイすると、より高水準のゲーム展開が期待できる。全て練習が重要。次節も期待しています!!!

 

Follow me!