U-15 北信1部リーグ 第12節(2016.8.20)

2016年8月20日(土)附属中グラウンド

高温多湿の中での試合

グラウンドコンディション良好(土) 無風

前半戦、開始6分でセンターの空きスペースをフォワードに振りぬかれ失点。ボールポゼッションは相手側という展開で前半終了。後半戦、1対1の勝負どころが多くみられたが、相手のパスストレッチの長さ、強さとワンツーの的確なボールデリバリーをインターセプトで回避することが出来ず、失点3を許したが、全体の士気が少しづつ右片上がりでポゼッションも自陣に切り替わり、途中交代のフォワード、ミッドのプレーヤーのトリッキーなアクションにより、2点を返すも時間切れとなり敗戦で終了。

附属中戦 40-10-40min
長野FCガーフJY 2

0-1

2-3

4 附属中

今日のヒトコト

相手へのプレスが弱い感じを受けます。前節にも書きましたが、やはり前半戦が勝負です。後半の動きが少しずつ右肩上がりに良くなるということは、前半から出せるはずです。出力を最初から均等にコントロールする力を身に着けると良いと思います。アップをしっかりやっていますか?今まであいての試合展開を見て戦術を考えたりしましたか?オフザピッチの時間は人それぞれかもしれません。しかし、楽しくプレーする為に、まずは相手を知ることも必要だと考えます。最低限自分と対峙するポジションの動きを把握して、カウンタの動きを考える、ということから進めるのもいいでしょう。次節以降も自分の能力を高めるために、何か一つメソッドを確立して試合に挑みましょう。全てにフルスロットル!!

 

Follow me!