クラブ監査実施の様子

長野市営 三輪公民館 2020年3月1日(土)

長野フットボールクラブ(ガーフ)の会計年度が2月末で閉まったため、クラブの監事と理事が一堂に会し、例年のクラブ監査を実施いただきました。(ちゃんと全員マスク着用で、感染予防対策はしています・・・)

クラブ監査は、事業監査と会計監査の大きく2つの構成で実施され、事業運営が適切に行われているかと、会計処理が健全に行われているかの観点でチェックをいただきました。
監事からは、事業・会計共に適切に管理されており、少子化・コロナ含めて様々な困難が押し寄せる中、クラブの目的に沿って遂行していくのは今後も理事が中心になる役目であり、コーチングスタッフと一丸となって今後もクラブ発展に努めて欲しいという激励の言葉をいただきました。

クラブ関係者の皆様に対しては、詳細な内容は、4月5日に予定しております、2020年度スタートのクラブ総会でご報告させていただきます。

Follow me!